HOME >NLPiメールマガジンバックナンバー目次 > NLPiメールマガジンバックナンバー0005

米国NLP協会認定コース 創始者リチャード・バンドラー認定

あなたを自由にする実践心理学NLP It has been about personal freedom.

 

NLPiメールマガジンバックナンバー

バックナンバー0005

┏┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫ 劇的変化大将
┗┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NLPiの卒業生にノーズィーというオトコがいます。

彼は九州の熊本からから毎回朝4時半に起きて、
そして飛行機を使って大阪まで毎回ずっと通い続けてくれました。

なにかを得たい。自分を変えたい。
そんな強い決意があっての参加だと思います。

でも…。

最初のころの彼の口癖は

「オレ…。なにしに来たんだろ…」。

自己否定が無意識のうちに出てきてしまい、すぐに他の人との違いを
くらべて『できていないところ探し』をしているようでした。

そして。彼はとてもあがり症のようで、ほんの数分の短い挨拶でも、
すぐに固まってしまって言葉に詰まる様子。

自分の意見を言うワークでは、決まって最後の方を希望して。。。
他の人のトーク中に、なにやらもぞもぞしています。

そして、自分の順番が回ってきたら、なにか不自然な様子で
手をチラチラ見ながら挨拶。

そう。彼は短い挨拶でも、手のひらに原稿を書いて、それを
読み上げないと話せないほどのあがり症だったのです。

 

プラクティショナーコースの回が進んでも、彼にはなかなか
NLP理論が入っていかない様子でした。

彼の頭の中には『自分には絶対できない』という強い思いがあって、
なかなかその殻を破れずにいたようでした。

「なにしに来たんだろ…」

を繰り返すノーズィー。

でも。

私も、一緒に受講している仲間たちも、彼のめざましい成長に
ずっと驚きっぱなしだったのです。

「ノーズィーって、すごく変わってきてるよね」

「うん。あいつの進歩って恐ろしいくらい」

仲間たちが全員、彼の成長を認めているのに。
唯一、当の本人自身が成長を認められずにいたのです。

 

■┐  自己表現が苦手だった彼が…。 
└■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いよいよプラクティショナーコースが終盤に差し掛かってきたあるとき。

彼はなんと。 地元、九州で行われた弁論大会に出場することに。

出場するだけでもすごいことだと思うのですけれど、彼はそこで。。。

【 優 勝 】してしまったのです。

いつの間にか彼は「なにしに来たんだろ」とつぶやくことは
なくなっていました。
控えめながらも、目の奥には静かな自信のようなやさしい光を
たたえるようになっていたのです。

その後も彼はどんどん成長&吸収を続け。

彼が働く黒川温泉のテレビ取材でも、インタビューアーの取材に応対。
(もちろんメモなしで。(o^-^o))

現場のスタッフさんから
「あなたのように、テレビの前で普通に話せる人は見たことがない」と
驚かれてしまったそうです。

 

■┐  人が劇的変化するしくみ 
└■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ノーズィーの変化は。
テクニックを身につけさせて変えていったのではありません。

自分自身の内面にアクセスして、正直に自分を表現していいんだ、と
きちんと腹(腑)に落ちた結果だったのです。

自分の言葉で。自分自身と対面していくことで。
ひとは必ず変化できます。

自分自身が変わったように思えなくても。
いつの間にか「変わったね」と言われたり、周囲があなたのことを
放っておかなくなるようになります。

NLPiでは、そんなできごとが当たり前のように起こります。
一般的に『奇跡』と言われていることが。
いつも起こっているのです。

 

┏┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫ 明日締め切り♪ NLPiプラクティショナーコース最終ご案内
┗┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NLPを学ぶには、タイミングがあります。

ただ、そのタイミングに気づくのは、実はとてもむずかしくて
いつの間にか踏み出すことができなくなってしまい、

「変わりたい…でもどうしたら…」

という風に感じてしまうことが多いのかも知れません。

 ◇ ◇ ◇

想像してみて欲しいのです。

今のまま迎える10年後。
変化して迎える10年後。

それぞれの開きに。
どれくらいの差がつくかを。

今。 もしもあなたが。
なにかの壁を感じていて。そこから抜け出たいと真剣に望むなら。
自分と向き合って、自然な笑顔でいられるようになりたいなら。

それがひょっとしたら。
あなたにとっての最善のタイミングなのかも知れませんね。

 □■ 自分を知ることができれば。世界観も変わります。
  ■■ http://www.nlpi.jp/prac/

 

■┐  きっとまだまだ不安なのだと思います。そりゃそうです。 
└■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 時間の都合がつかないし…
■ お金もすぐには…
■ どれだけの効果があるのかわからないので踏み出せない
■ 他にも学びたいものだってあるから…

こういった相談というか『実現が難しい理由』を今までたくさん受けて
きました。

それらの個別のお悩みにも、できる限り対応しています。

いろんなお悩みをお持ちの方もおられるはず。

もし、なにか気になることがあれば。
是非木村に、あなたのお話をお聞かせください。

下記の質問受付フォームにお書き込みいただけば、追って回答させて
いただきます。

     ▼ 質問受付フォーム ▼
    http://www.nlpi.jp/nlp/faq.html

講座受講のご相談だけでなく、人間関係の悩みや、NLPの効果など
気になることがあれば、どうぞお気軽にご意見をお寄せくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございます♪
それではまたお会いしましょう!

 

「いきなり出版決定?!」
NLPiメルマガバックナンバー0006へ

NLPiメールマガジンバックナンバー目次へ戻る

 

 

創始者リチャードバンドラーの米国NLP協会認定資格NLPプラクティショナーコースへのお申込み

創始者リチャードバンドラーの米国NLP協会認定資格NLPマスタープラクティショナーコースへのお申込み

米国NLP協会認定NLPトレーナー木村孝司のご紹介

実践心理学NLPとは?

絵本で学ぶ人間関係

 

NLPi こころのABC研究所