HOME > NLPiメールセミナーバックナンバーTOP > 一生使える人間関係向上術メールセミナー・その4

米国NLP協会認定コース 創始者リチャード・バンドラー認定

あなたを自由にする実践心理学NLP It has been about personal freedom.

 

NLPiメールセミナーバックナンバー

【一生使える人間関係向上術メールセミナー・その4】
┏┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫「2種類」のコミュニケーション術
┗┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このお便りも4話目になりました。
いつもお付き合いいただいて、本当にありがとうございます♪

今回は、

『人間関係をステキなものにするために【2種類の方法】を使いこなそう』

というお話です。

お時間があるとき。
コーヒー片手に、ゆったりした気分でお読みくださいね♪

 

■┐ コミュニケーションの方法は、大きく分けて2種類あります。 
└■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

NLPでよく語られるのは

「相手の仕草や表情を見極めて、うまく同調しながら距離感を縮める技」

的な(テクニックの)部分ばかりが目立ってしまい、

「あの人を(思うように)変えたい」

「不登校になってしまった子供を学校に行かせたい」

「ビジネスで主導権を握って、商談を成功させたい」

というような【相手とのコミュニケーション術】の面が多く語られる傾向が
あるのが、少しだけ残念な気がしています。

確かに、NLPの講座で語られる『ペーシング』や『ミラーリング』、
『リフレーミング』などの技法は、相手とのコミュニケーションで効果が
発揮できるテクニックです。

でも。
木村がお伝えしたいことは、それだけではありません。
もう1つあるのです。

それは…

 

■┐ もうひとつのコミュニケーション。 
└■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

先ほどお話したコミュニケーションが『相手とのコミュニケーション術』
だとすると、これがないとうまくいかないと考えているのは…。

【自分とのコミュニケーション術】

なのです。

 

ここは。
ぶっちゃけ、華やかさがなくて(苦笑。

「自分はいいから、他人を変えるのに効果的な技法を…」

と言われることもあるのですが…。

でも、少しやり始めたら、みなさん自分とのコミュニケーションの
重要性に必ず納得されます。

実は、この【自分とのコミュニケーション術】を理解していないと
いくらリフレーミングやラポール形成などの相手とのコミュニケーション
テクニックを学んでも、実生活で使いこなすのが難しくなります。

どうして使いこなせないかというと…。

 

■┐ 相手とのコミュニケーションがうまくいかない理由
└■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

例えば、自分には

「こんな私なんて、成功できるはずがない」

という、強烈な自己暗示(ビリーフ)があるままの状態で

「私と一緒に仕事をすれば、あなたは成功できますよ。
  さぁ、この契約内容でYESと言ってください」

と言葉巧みに伝えようとしても…。

「自分は成功できない」と(潜在意識下で)思っているのだから、
どことなく自信のない雰囲気が相手にも伝わってしまい、いつの間にか
商談もうまくいかなくなってしまうのです。

困ったことに…。

本当の原因は【自分とのコミュニケーション方法】にあるのに、

「さっきのはラポール形成が不十分だったからだ」

「もっとリフレーミングの練習をしなきゃ」

と、相手とのコミュニケーション術ばかりに気をとられ…。(苦笑。

結局、何度やっても思うような成果が上がらない、ということに
なりがちなのです。

 

とても残念なことですが、逆に考えれば当然の結果だ、ともいえるのかも
知れません。

なぜなら。。。

「こんな私なんて、成功できるはずがない」
と思っていたそのままが実現されてしまったのですから…。

『思考は実現化する』というコトバは、もちろんポジティブな考え方の
ときにも有効なのですが、上記のような「潜在意識下の思い込み」にも
しっかり影響するのですね。

 

■┐ 自分とのコミュニケーションの極意
└■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私の講座では『相手とのコミュニケーション術』もお伝えしていきますが
それと同じくらい『自分自身とのコミュニケーション法』についても
使いこなせるようになっていただきます。

具体的には

【自分のビリーフ】(心の底で決めている限界)を解除し、
自由な気持ちで自分と接することができるようにしていきます。

最初はみんな自分とのコミュニケーションに戸惑いますが、少しずつ

「自分は今、どう感じているだろう」

と自問しはじめ、何度か繰り返すうちに自分の素直な気持ちが表現できる
ように変わっていきます。

よかったら是非

「今どう感じているだろう」

と、自分に質問することをクセにしてみてください。

 

最初、慣れるまではコーチやトレーナー役をしてくれる人にお願い
するのが効果的ですが、もちろん自分でもできます。

 

【自分への適切な質問が、自分の未来を変える】

このことに気づけば、あなたの人生も大きく変わりだすことでしょう。

自分とのコミュニケーションを深め、壁を取り除いてから改めて、相手との
コミュニケーションスキルを使えば…。

あなたが望む未来を手に入れることもきっとできるはずです♪

 

 

 

 ◇ ◇ ◇

ここまでお読みいただいてありがとうございます♪

次回は、私(木村)がなぜこんなにも

「テクニックだけではダメ!」

と繰り返しているかについて、自分のちょっと恥ずかしい体験談を
まじえてお話したいと思っています。

是非次回も楽しみにしていただければ嬉しいです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます♪
それでは3日後にお会いしましょう!

 

ここまでお読みいただきありがとうございます♪
それでは次回。「テクニックよりも大切なものは…」でお会いしましょう!

↓↓↓ 「Vo5」はこちら ↓↓↓

タイトル
 
【こころのABCメールセミナーVol.5】
 
      テクニックよりも大切なものは…

 

創始者リチャードバンドラーの米国NLP協会認定資格NLPプラクティショナーコースへのお申込み

創始者リチャードバンドラーの米国NLP協会認定資格NLPマスタープラクティショナーコースへのお申込み

米国NLP協会認定NLPトレーナー木村孝司のご紹介

実践心理学NLPとは?

絵本で学ぶ人間関係

 

NLPi こころのABC研究所