NLPマスタープラクティショナーとは?

NLPマスタープラクティショナーコースは、基本コースのNLPプラクティショナーコースを修了された後にご受講いただく、上級コースです。本コースでは、NLPをよりより深く、広く実践的に学びます。

NLPマスタープラクティショナーコースでのテーマは自分自身がメディアになることです。NLPを人に伝えることが出来る、効果的なプレゼンテーションのスキルを身につけていただきます。

終了後には、NLPがより自分自身のものとなっていくことが実感できます。

NLPマスタープラクティショナー資格について

こころのABC研究所のNLPは、創始者であるリチャード・バンドラーの米国NLP協会認定コースです。従って皆様が受け取る認定証は、米国NLP協会のものとなります。
100%の参加により認定証を受け取ることができます。

NLPマスタープラクティショナーの認定を受けると、より本格的な実践家としてNLPをご活用していただけます。もちろん名刺やプロフィールに記載することができます。

ビジネスにおいては、ご自身のキャリアやスキルにNLPを応用することで、更なる飛躍を実現したり、より優位なポジションを確立することが出来ます。もちろん、私生活においても、より自分らしい生き方や、自由な発想力、あるいは人を惹きつける魅力を得ることができます。

なお、NLPマスタープラクティショナーの認定は、米国NLP協会が取りまとめて行いますので、申請後、お手元に届くまでに数ヶ月を要します。ただし、コース終了後、お手元に届くまでの間、プロフィール等への記載は可能です。

創始者リチャードバンドラーと国内担当トレーナーが、お一人おひとりのためにサインをします。

NLPiこころのABC研究所のNLPコースの特徴

1. 実感として理解するための、実践ワークが主体です

体を動かしての実践型ワークと振り返りで、自ら気付きを得ることができるので、本質的に理解することができます。

– トレーナーから説明をうける
– グループやペアに分かれて実践的なワークを行う
– クラスで気付きの共有を行う(フィードバック)

2. 日常すぐに実践できる内容です

誰もが日常的に行っていることの中から、特に心理的効果の高い方法を抜き出したモデルなので、だれでもすぐに実践できます。

3. 常に学び続けるプロだから実践事例が豊富

NLPiこころのABC研究所のNLPは単なる資格セミナーではありません。

NLPをビジネスや私生活にどういかしていくのか。トレーナ自身が20年以上に渡り様々な経験をし、5年以上もの間、海外セミナーを含む各種セミナーや講座に参加し、且つ実践を繰り返した様々な実践事例をご紹介します。

NLPマスタープラクティショナーコースの日数・時間・間隔

【時間】 : 10時~18時(合計56時間)
【日数】 : 基本8日間(合宿は別途)
【間隔】 : 週1日クラス……(土曜)(日曜)(平日) / 合宿クラス……(7日間等)

こころのABC研究所のNLP 安心システム

再受講システム

NLPプラクティショナー終了後、特別価格で再受講をしていただくことが可能です。
更なる自己変革の為に、あるいは実践家としてのスキル向上のためにご活用ください。

万一お休みされた場合の振替システム

忙しい社会人の方が資格を取得するには、大変な時間のやりくりが必要です。
急なお仕事などでお休みをされ場合などは、同じレジュームの振替を行うことが出来ます。

ただし、深い学びと仲間とのつながりも大きな資源となりますので、 基本的には同じクラスでご受講されることをおススメします。
お気軽にご相談ください。

お申し込みはこちら

NLPマスタープラクティショナー資格認定コース詳細情報

開講スケジュール

スケジュールでご確認ください。 まずは、基本のクラスをお選びください。
お振替えは自由。各地域・各期での履修が可能です。
受講開始後の振り替え日変更も可能です。

定 員 質の保持するため、定員になりしだい締切とさせていただきますので、お申込みは余裕を持ってお願い致します。
日 程 スケジュールでご確認ください。
時 間 10:00~18:00
(多少、延長する日がございます。時間に余裕をもってご参加ください)
受講料(税込) <総額>
NLPマスタープラクティショナー 487,000円(税抜)
<更新>
米国NLP協会日本事務局を通じ、2年ごとに更新5,000円(税抜)
再受講の場合の受講料 再受講 243,500円(税込・テキスト代含まず) 当研究所の卒業生
※他校でマスタプラクティショナーコースを受講された方の再受講
・バンドラーの認定を受けている場合 292,200円(税抜・テキスト代含む)
・バンドラーの認定校以外の場合 389,600円(税抜・テキスト代含む)
会 場 東京、名古屋、大阪等
詳細は、お申込み後メールでお知らせいたします。
トレーナー 米国NLP協会認定NLPトレーナー 木村孝司
トレーナーのプロフィール
受講規約 ご受講前に必ずお読みください。
備 考 最低開催人数に満たない場合、開催されない場合がございます。予めご了承ください。

お申し込みはこちら

プログラム内容

  • カリキュラム
  • NLPの前提
  • NLPの基本
  • 人間の変化の構造モデル
  • アウトカムの設定
  • 一致と不一致
  • 学習のレベル(ニューロロジカルレベル)の活用
  • 影響力①~ステートをつくる
  • 影響力②~NLPを使ったリーダーシップ
  • モデリング①
  • モデリング②
  • プレゼンテーション「おすすめの一品」
  • 知覚のフィルター
  • ビリーフ
  • 知覚のポジショニング① メタ・ポジション(客観的立場)
  • 知覚のポジショニング② 3人のメンター
  • 質問
  • 学習のレベル(ニューロロジカルレベル)の活用
  • アンカーを倍増させる
  • アンカーをつなぐ
  • より効果的な質問(内省的な1週間)
  • S.C.O.R.Eモデル
  • ディズニーストラテジー
  • バリュー(価値)
  • バリュー(価値)のワーク
  • メタプログラム
  • コンプレックスメタプログラム
  • バリュー&メタプログラムチェックシート
  • 催眠タイプの比較
  • ミルトンモデルー1
  • トランス誘導について
  • トランス誘導
  • メタファーの作り方
  • ステーション
  • 意識のチェーンストーリー・リンキング
  • ネステッド・ループ
  • プレゼンテーション「自分のチラシ」
  • タイムライン
  • タイムラインワーク
  • プレゼンテーション「自分を表現する」

※実践ワーク(ロールプレイング)は、
– サポート役とクライエント役に分かれて行います。
– サポート役を経験することで、NLPの実践的スキルを体得します。
– クライエント役を経験することで、自分自身の夢や目標が明確化され、受講を通じて望む未来を手に入れることが可能です。

NLPマスタープラクティショナーでは、自分自身がメディアになることを視野に入れ、人にいかに伝えるか、自分自身がいかに輝くかということについても アドバイスもさせていただきます。

※よりよいプログラムであり続けるために、常に改善を重ね、内容の充実をはかっております。そのためプログラムは適宜更新いたします。何卒、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

お申し込みはこちら