NLPプラクティショナー資格コースについて

こころのABC研究所のNLPは、創始者であるリチャード・バンドラーの米国NLP協会認定コースです。従って皆様が受け取る認定証は、米国NLP協会のものとなります。 100%の参加により認定証を受け取ることができます。

NLPプラクティショナーの認定を受けると、実践家としてNLPをご活用していただけます。もちろん名刺やプロフィールに記載することができます。

修了された方々は、ビジネスにおける卓越したコミュニケーションスキルとして活用されたり、芸術やスポーツにおけるイメージトレーニングとして、また教育における効果的な学習法として、多方面で活用されています。更に、ご家族やご友人など、私生活のコミュニケーションにおいても、強力で即効性のあるツールとして、ひろく活用されています。

なお、NLPプラクティショナーの認定は、米国NLP協会が取りまとめて行いますので、申請後、お手元に届くまでに数ヶ月を要します。ただし、コース終了後、お手元に届くまでの間、プロフィール等への記載は可能です。
創始者リチャードバンドラーと国内担当トレーナーが、お一人おひとりのためにサインをします。

NLPiこころのABC研究所のNLPコースの特徴

1. 実感として理解するための、実践ワークが主体です

体を動かしての実践型ワークと振り返りで、自ら気付きを得ることができるので、本質的に理解することができます。

– トレーナーから説明をうける
– グループやペアに分かれて実践的なワークを行う
– クラスで気付きの共有を行う(フィードバック)

2. 日常すぐに実践できる内容です

誰もが日常的に行っていることの中から、特に心理的効果の高い方法を抜き出したモデルなので、だれでもすぐに実践できます。

3. 常に学び続けるプロだから実践事例が豊富

NLPiこころのABC研究所のNLPは単なる資格セミナーではありません。

NLPをビジネスや私生活にどういかしていくのか。トレーナ自身が20年以上に渡り様々な経験をし、5年以上もの間、海外セミナーを含む各種セミナーや講座に参加し、且つ実践を繰り返した様々な実践事例をご紹介します。

NLPプラクティショナーコースの日数・時間・間隔

【時間】 : 10時~18時(合計56時間)
【日数】 : 基本8日間(合宿は別途)
【間隔】 : 週1日クラス……(土曜)(日曜)(平日) / 合宿クラス……(7日間等)

こころのABC研究所のNLP 安心システム

再受講システム

NLPプラクティショナー終了後、特別価格で再受講をしていただくことが可能です。
更なる自己変革の為に、あるいは実践家としてのスキル向上のためにご活用ください。

万一お休みされた場合の振替システム

忙しい社会人の方が資格を取得するには、大変な時間のやりくりが必要です。
急なお仕事などでお休みをされ場合などは、同じレジュームの振替を行うことが出来ます。

ただし、深い学びと仲間とのつながりも大きな資源となりますので、 基本的には同じクラスでご受講されることをおススメします。
お気軽にご相談ください。

お申し込みはこちら

NLPプラクティショナー資格認定コース詳細情報

開講スケジュール

スケジュールでご確認ください。 まずは、基本のクラスをお選びください。
お振替えは自由。各地域・各期での履修が可能です。
受講開始後の振り替え日変更も可能です。

定 員 質の保持するため、定員になりしだい締切とさせていただきますので、お申込みは余裕を持ってお願い致します。
日 程 スケジュールでご確認ください。
時 間 10:00~18:00
(多少、延長する日がございます。時間に余裕をもってご参加ください)
受講料(税込) <総額>
NLPプラクティショナー 437,000円(税抜)
<更新>
米国NLP協会日本事務局を通じ、2年ごとに更新5,000円(税抜)
再受講の場合の受講料 再受講 218,500円(税込・テキスト代含まず) 当研究所の卒業生
※他校でマスタプラクティショナーコースを受講された方の再受講
・バンドラーの認定を受けている場合 262,200円(税抜・テキスト代含む)
・バンドラーの認定校以外の場合 349,600円(税抜・テキスト代含む)
会 場 東京、大阪等
詳細は、お申込み後メールでお知らせいたします。
トレーナー 米国NLP協会認定NLPトレーナー 木村孝司
トレーナーのプロフィール
受講規約 ご受講前に必ずお読みください。
備 考 最低開催人数に満たない場合、開催されない場合がございます。予めご了承ください。

お申し込みはこちら

プログラム内容

  • うまくいくNLPの前提 …………… 【うまくいくNLPの前提・モデリング・法則】
  • T・O・T・Eモデル …………… 【望む状態への効果的なプロセス】
  • NLPの約束 …………… 【愛と気づきと無批判】
  • コミュニケーションの流れ …………… 【明確な目標 観察力 柔軟性】
  • コミュニケーションの実際 …………… 【心をうつすボディーランゲージ】
  • キャリブレーション …………… 【心を読む観察の力】
  • ニューロロジカルチェック …………… 【自己を見つめなおす】
  • 目標設定 …………… 【実現するアウトカムの設定】
  • ラポールとは …………… 【心の架け橋】
  • ぺーシング …………… 【似た者同士は安心感を生む】
  • シャドーイング …………… 【究極のモデリング】
  • 表象系システム …………… 【視覚・聴覚・体感覚】
  • 視線の解析 …………… 【相手の五感をつかむ手がかり】
  • アンカリング …………… 【心を呼び覚ます引き金を利用する】
  • ブラインド・ウォーク …………… 【五感フルに使い感性を活性化する】
  • サブモダリティ …………… 【イメージは作り変えることができる】
  • メタモデル …………… 【会話の深層構造を明らかにする方法】
  • 効果的な質問 …………… 【相手の心を具体的に解きほぐす】
  • メタアウトカム …………… 【感情を共有すると何が起こるか】
  • サークル オブ エクセレンス …………… 【成功イメージ強化法】
  • リフレーミング …………… 【心の枠を越えて見えてくるもの】
  • シックス ステップ …………… 【変えたい習慣を簡単に変化させる方法】
  • 問題解決 …………… 【問題解決型コーチング手法】
  • ミルトン・モデル …………… 【潜在意識への働きかけ】
  • トランス誘導 …………… 【ダウンタイムへの誘導】
  • 二重誘導 …………… 【欲しい情報だけを受取る】
  • メタファー …………… 【メッセージを潜在意識に埋め込む】
  • タイムライン …………… 【過去から未来へ、イメージ強化法】
  • タイムライン(過去・未来) …………… 【過去・未来のイメージ強化法】
  • タイムライン(過去のリソース) …………… 【過去のリソースを未来に活用する方法】
  • タイムライン(過去の書き換え) …………… 【過去のネガティヴな経験を書き換える】
  • 恐怖症の治療 …………… 【過去のいやなイメージを書き換える】
  • スウィッシュ パターン …………… 【解消したい行動を打ち消す】
  • ヴィジュアル スクワッシュ …………… 【ひらめきを生むイメージ脳の活かし方】
  • 自己チェック …………… 【1年間の振り返り、制限を取り除く】
  • ニューロロジカルチェック …………… 【自己を見つめなおす】
  • 目標設定 …………… 【実現するアウトカムの設定】
  • 目標イメージ …………… 【設定した目標をイメージ強化する】
  • 戦略 …………… 【成功者に学ぼう】
  • パフォーマンス …………… 【NLPのスキルを実践】
  • プレゼンテーション …………… 【NLPと私】

※実践ワーク(ロールプレイング)は、
– サポート役とクライエント役に分かれて行います。
– サポート役を経験することで、NLPの実践的スキルを体得します。
– クライエント役を経験することで、自分自身の夢や目標が明確化され、受講を通じて望む未来を手に入れることが可能です。

※よりよいプログラムであり続けるために、常に改善を重ね、内容の充実をはかっております。そのためプログラムは適宜更新いたします。何卒、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

お申し込みはこちら